Trend Talk !!

エンタメ業界で生きるゆきだるまが解説

スポンサーリンク

話題の芸能ニュース

未来のミライ公開記念!これを知れば100倍楽しめる細田監督の表現法!!

投稿日:

ゆきだるまの大好きな細田守監督作品。

その最新作「未来のミライ」が7月20日に公開されます。

ハラハラドキドキしながら見た「サマーウォーズ」

優しい気持ちになった「おおかもこどもの雨と雪」

どうして細田守監督の作品は、ここまで心を捕まれるのでしょうか?

 

そこで今回は、細田守監督の「観客の心を掴む表現手法」を徹底リサーチ!

題して「これを知れば、未来のミライが100倍楽しめる細田監督の表現手法」をお届けします。

 

細田流表現① あえて〇〇を書かない!

普通のアニメでは絶対にあるもの。絵を勉強する時はこれをまず勉強するというくらい重要なもの。

細田監督はあえてそれを描かないと言います。

その〇〇とは…

顔の影

そう、細田監督はあえて人物の顔や服に影を付けないのです。

 

 

こちらの画像を見て下さい。

きっちりと影が付けられてます。

アニメの代表的な手法で、

これにより立体感を出してます。

現在の日本アニメーションは

ほぼ全てこの手法を取っています。

 

しかしこれを見てわかるように

「ザ!アニメ」ですよね。

人によってはこの「アニメ感」は

好きではないことも多いです。

 

 

細田監督曰く「影をつけるとどうしてもアニメ感が出てしまうので、アニメというだけで一歩引いてしまう人にも抵抗感がないように」

との考えから「影なし作画」を行ったと言います。

 

実はこの影なし作画、浮世絵と同じ手法なんだそうです。

浮世絵に多くの影響を受けたゴッホ。そのゴッホ展でも説明がありましたが、「浮世絵には影が描かれない」のです。

実際ゴッホは「アルルの公園の入り口」など多くの作品で影を描かない手法を取りました。

細田監督の作品もまた同じなんですね。

そして、この影なし作画によって立体感を消すことで、登場人物をキャラクター化し、物語の世界に感情移入しやすいようにしたのです。

 

細田流表現② 〇〇は人工のものを使わない

細田監督は、通常は人工のものを使う所、実際にある実物を使って表現すると言います。

これだけ読むと何のことかよく分かりませんね(笑)

答えは…

効果音

なんです。

 

バケモノの子で、熊徹が戦う時に毛を逆立てていました。

その時の効果音は、何と「アヒルの肉をセロリで叩く」という手法で付けていたそうです。

歌舞伎では、演技の際に雷のゴロゴロ音を出すのに、木で作った車を引き回すことがあるらしいですが、

それと同じようなことなんでしょうか。

人工で作られたサウンドエフェクト(=SE)を使うと、どうしてもリアリティが出なくなるというこだわりから

このような手法を取るようになったのだとか。

他にも生卵や刀、テニスラケットなど様々なものを使用していたと言います。

 

細田流表現③ 主人公の成長を〇〇で表現!

細田作品といえば「夏」!

その夏には必ず見るあるモノが、主人公の成長を表現するものとして使われています。

それは…

入道雲

実は前作「バケモノの子」の完成披露会見で、次のようなことを言っています。

入道雲ってモクモク成長していくんですよね。どの映画も主人公がささやかな一歩かもしれないけれど、少しずつ成長するので、そのテーマを象徴的に入道雲に託しています。それと、夏休みにアニメ映画を観ることは、子どもにとって重要なことだと思うわけです。自分自身もそうですけれど、夏休みに観た作品たちが単に面白かっただけではなく、思い出を彩る作品でした。今、めぐりめぐって作品をつくる立場になって、"お返し"じゃないですけれど、子どもたちが大きくなっても思い出せるような夏の思い出をちゃんと作ってあげたいという思いがあります。夏休みに子どもが冒険をして、一皮むけて成長するっていうのは絶対になくてはならないことです。(細田守監督の発言より)

この写真は、バケモノの子の舞台挨拶の時のスチールなんですが、細田監督のトレードマークである「入道雲」パネルの前で行われました。

そして、実際の作品でも、主人公の特徴的なシーンでは必ずと言っていいほど入道雲が登場しています。

 

細田流表現④ 映画の中に必ず〇〇を入れる

もちろん入道雲でも正解なのですが…(笑)

ここではもっと別のことを指します。ホラ、細田作品の特徴はもう一つありましたよね?

分かった方は、本当に細田作品が大好きなんですね(笑)

答えは

実際にある場所や店舗名

です。

バケモノの子を見た時、渋谷のリアリティさにビックリした人も多かったのではないでしょうか?

そしてテレビでは連日、アニメの映像と実際の映像を比べて特集してました(笑)

 

細田監督は何故ここまでリアリティを追求するのか?

アニメは絵なので、どうしても「絵空事」になってしまいがち。

全部を嘘にしてしまうと、フィクションだとお客さんが感じてしまう。

そこで、「アニメの登場人物が自分と同じ現実に根ざした生活をしている」という共感を持って見てもらうため

実際の土地や企業名などを出しているんだそうです。

【時をかける少女】

【サマーウォーズ】

こうしたリアリティを追求することから、細田アニメの聖地巡礼的な遊びもあるんだとか(笑)

 

最新作・未来のミライ 着想のきっかけは2人のお子さん?

今年の夏いよいよ公開される「未来のミライ」

その物語は既にテレビなどで出ているように、

「4歳の男の子に妹が出来て、その妹に両親の愛を奪われる。その愛を求めてさすらい旅立つ」というお話です。

 

実際に細田監督には5歳の男の子ともうすぐ2歳になる女の子がいらっしゃるそうです。

2人は純粋に母親の愛情を奪い合ってるんだとか(笑)

 

まさに自分の家族の中で起こっている出来事を起点として繰り広げられる細田ワールド。

7月20日の公開が楽しみです!!

 







-話題の芸能ニュース

Copyright© Trend Talk !! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。