Trend Talk !!

エンタメ業界で生きるゆきだるまが解説

スポンサーリンク

HOTトレンドNEWS

2018年7月31日「火星大接近」がザワつく

投稿日:

今日、ネット上でヒートアップしている話題を見つけました。

それが、火星大接近!

どうやら、15年ぶりに火星が地球に大接近するのだそうです。

 

これって一体どういうことなのか?そして東京・神奈川ならどこで見るのがオススメなのか調べてみました。

 

火星大接近の最新ニュース

現在話題になっているニュースがコチラです。

2018年7月31日、地球と火星の距離が大きく近づく「最接近」が訪れる。

 最接近時の距離は5759万kmで、2003年以来、15年ぶりに6000万kmを切る「大接近」となる。すでに6月下旬ごろから、夜遅く南の空で明るく輝く火星が見えるようになっており、最接近後も9月上旬ごろまで、見やすい時期が続く。

 この珍しい天体ショーの見どころや、観察のためのポイントについて紹介したい。

◆なぜ火星が大接近するのか?

 火星は地球の外側を回る惑星で、地球が365日かけて太陽のまわりを回っている(公転)のに対し、火星は687日かけて公転している。

 たとえるなら地球は、自動車のレースで、ずっとコーナーの内側を走るように、つねに火星に追い付き、追い越すように回っている。そして約2年2か月ごとに、両者の距離が最も近づく最接近が起こる。

 また、火星の公転軌道は楕円形をしており、その傾きも地球とは異なるため、最接近時の距離は毎回少しずつ異なる。そのため同じ最接近でも、そのとき火星が楕円の公転軌道のどこにいるかによって、両者の距離は変わってくる。

 今回の最接近は、まさに後者のタイミングで発生し、最接近時の距離は5759万kmになる。

 ちなみに、今回の最接近は「大接近」と呼ばれているが、正式な天文用語ではなく、明確な定義もない。一般的には、6000万kmを切れば大接近と呼ばれるようである。

 大接近、すなわち6000kmを切るのは、2003年以来、15年ぶりとなる。また次回の大接近は、17年後の2035年9月まで待たなくてはならない。

◆どうやって見るのが一番オススメ?

 火星はなんといっても、その赤く妖しく輝く姿でおなじみである。最接近を待たずとも、すでに6月下旬から、夜遅くの南の空には火星が明るく輝いており、帰宅時などに見かけた人も多いかもしれない。

 ちなみに、大きな火星は最接近する7月31日だけしか見られないわけではなく、最接近後も約1か月、8月下旬ごろまでは見頃が続く。むしろ8月以降のほうが、火星が昇ってくる時間が早くなるため、夜更かししなくても見やすくなる。

 大接近時の火星は、肉眼でも十分楽しめるが、天体望遠鏡を使えば、赤茶けた大地をはじめ、「大シルチス」と呼ばれる場所をはじめとする、黒っぽく見える領域が見える。また北極と南極には、二酸化炭素と水が凍った「極冠」と呼ばれる白い領域も見ることができる(もちろん大気などの条件が整っていることが前提)。

 これを機会に天体望遠鏡を買うのもいいかもしれない。火星の模様を見るためには、できるだけ口径の大きな、つまり比較的高価な望遠鏡を買う必要があるが、火星以外の天体の観測にも使えるため、一生モノの財産になる。

 もっとも、お金以外にも、操作や観察に慣れが必要だったり、普段仕舞っておく場所が必要だったりと、自前で望遠鏡を買うのはなかなか大変である。

 そんなときは、近くの天文台や博物館、科学館、大学などが開催する、観望会に参加するのがおすすめである。手ぶらで行って気軽に楽しめる上に、ただ観察するだけではなく、専門家から火星についての解説が聞けたり、質問したりもできる。

 また、大接近時の火星は、都内などの比較的天体観測に向かない場所でも十分見られるため、サンシャイン60や六本木ヒルズなど、観光・デートスポットでも観望会が予定されている。

 観望会などの情報をまとめた「パオナビ」などを参考に調べて、ぜひ訪れてみてほしい。

◆めったに見られない火星の姿が見られる?

 ところで、火星では現在、ちょっとした異常事態が起きている。今年の5月末に発生した砂嵐が、火星の4分の1を覆うほどにまで成長したのである。火星で砂嵐が起こること自体は珍しくないものの、今回のはひときわ規模が大きく、観測史上最大級にまでなっている。

 これにより、砂嵐の真っ只中にいる火星探査車が機能停止に陥るなどの影響が発生。その影響は地上からの観測にも及び、砂嵐によって模様がかき消され、濃淡の少ない、のっぺりとした姿を見せるようになった。

 このまま砂嵐が収まらなければ、今後も火星の模様が見えない、あるいは見えづらい状況が続くことになる。ちょっと残念ではあるものの、それはそれで貴重な機会ではある。

 ちなみに火星にはいま、米国や欧州、ロシア、インドが送り込んだ計8機の探査機が活動を続けている。さらに、今年5月に打ち上げられたNASAの探査機「インサイト」が、火星を目指して航行を続けており、11月27日に火星に着陸する予定となっている。

 この夏、家族や恋人、友達とちょっと夜におでかけし、火星を眺め、そこで活躍する探査機たちに思いを馳せてみてはいかがだろうか。

<出典:Livedoor NEWS>

 

おすすめ観測スポットは?

15年ぶりの火星大接近…

彼氏や彼女と一緒に見られたらロマンチックですよね~

恋人未満の人たちが一緒に見たら、大接近出来たりして❤

 

そこで、オススメの観測スポットを調べてみました。

 

六本木ヒルズ

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで7月27日(金)~8月3日(金)の8日間、20時~22時に「火星接近 観望会」が開催入場料は一般2,300円。

主催は六本木ヒルズで年間さまざまな天文イベント、セミナーなどを開催している「六本木天文クラブ」。期間中は高倍率の望遠鏡を何台も設置し、東大や国立天文台の専門家が解説してくれる。

 

サンシャイン60展望台

「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」は、15年ぶりとなる火星大接近(スーパーマーズ)のタイミングにあわせた星空観測イベント「わくわく!!天体観測会」を2018年7月30日と7月31日の2日間開催する。展望台の照明を一部消灯し、通常よりも暗い空間での天体観測を行う。

入場料金:大人1,200円、学生(高校・大学・専門学校)900円、子ども(小・中学生)600円、幼児(4歳以上)300円

 

是非、15年に一度のチャンス、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 







-HOTトレンドNEWS

Copyright© Trend Talk !! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。