Trend Talk !!

エンタメ業界で生きるゆきだるまが解説

スポンサーリンク

HOTトレンドNEWS

秋の味覚・秋刀魚…今年は不漁?豊漁?値上げか値下げか?

投稿日:

いよいよ8月に入りましたね。

あと1月もすると、秋の重大関心事がやってきます。それが…

 

今年は秋刀魚は獲れるのか?

 

秋の味覚にして、日本人の心の味でもある秋刀魚。

通常1匹100円ほどで売られていて、庶民の食卓の味方ですよね。

 

でも近年は水産資源の目減りが激しく、去年は中国や台湾の漁船が秋刀魚を撮りまくって、とんでもない値上がりを見せました。

果たして、今年はどうなるのでしょうか?

ゆきだるまが調べてみました。

 

今年は豊漁になるという見通し

調べていくと、今年は豊漁になるという見通しが、日経新聞の記事に出ていました。

その記事を引用したいと思います。

 

秋の味覚、サンマが今年は少し値下がりする可能性が出てきた。水産庁は31日、2018年のサンマの長期漁海況予報を発表した。

水産庁などが漁場の資源量を調べたところ、前年より太った魚が多く、海域によっては3倍以上の群れが確認された。特に9月中旬以降、日本近海にくる、来遊量が増える見通し。去年は半世紀ぶりの大不漁で高騰した。今年は秋深まるにつれ、脂乗りも、漁獲量も良くなると予想している。

「太り方が去年とまるで違う」(東北区水産研究所資源管理部の巣山哲グループ長)。水産研究・教育機構が6~7月に漁場を調査したところ、群れの量は海域によっては前年の3.4倍、サイズも29センチ以上と立派なものが目立った。これらが順次、日本近海に来遊する。9月中旬には色丹島沖、10月中旬には三陸沖に南下する予想だ。

昨年は「すごく痩せていた」(巣山氏)。調査で見つかるのは小型魚ばかりで、群れもまばら。実際に2017年の漁獲量は8.5万トンとおよそ50年ぶりの不漁だった。

サンマ漁は7月に解禁され、お盆以降に本格化する。今夏も漁の序盤は低調だ。東京・築地市場の入荷は今のところ前年より4割少なく、卸値も1キロ5000円前後と同4~5割高。高級魚のマダイの2倍超だ。秋の鮮魚売り場は「サンマが主役」(卸大手)だけに魚関係者の期待は高い。

サンマが庶民の味として食卓に広がったのは江戸時代後期、定着したのは明治時代といわれる。50年代、漁具の進化で漁獲量が急増。80年代後半からは年20万~30万トンの範囲で比較的安定していた。ただ13年以降「資源量は減少の一途をたどっている」(巣山氏)という。

原因は、水温など海洋環境の変化に加え「外国船の漁獲が増えている影響も見逃せない」(水産庁)。

日本はサンマの資源を守る国際会議で、漁獲量の規制を導入することを訴えている。今年7月の会議では漁獲を増やしたい中国の反対で合意できなかったが、来年には一歩前進させたい考えだ。

秋はサンマのほかに、色々な魚が旬を迎える。水産研究・教育機構によると8~12月、太平洋の漁場にやってくる魚群はマサバが前年並み、マアジが前年より少なめ、マイワシが前年並みから多めと予想している。

引用:日本経済新聞(7月31日)

 

これを見る限り、今年は秋刀魚でビールを楽しめそうですねっ!

ところが…安心したのもつかの間、もう一つ別の記事を見つけてしまったのです。

 

今年は不漁になるという見通しも?

こちらは、時事ドットコムニュースの記事。

何と、不漁予測が立っているというのです。

 

 水産庁の調査で、8月から12月までの今年のサンマ漁が4年連続で不漁の見通しであることが30日、分かった。資源量の減少に加え、海水温上昇で回遊場所が北海道東沖などの沿岸から、より遠方の公海に移っていることも影響する。秋の代表的な味覚であるサンマは高値が続きそうだ。
同庁は日本沿岸や公海で6~7月に調査を実施した。2017年の調査では、対象エリアのサンマの分布量は59万5000トンと16年に比べ半減。今年も日本近海への回遊量は17年と同程度にとどまると推測している。31日にも結果を発表する。
サンマの回遊場所が遠くなると、日本沿岸の排他的経済水域(EEZ)を主な漁場とする日本漁船は燃料代がかさむため操業の負担が重くなる。さらに、台湾と中国が日本のEEZに回遊してくる手前の公海でサンマを大量に「先取り」し、日本の水揚げ減少につながっているとの指摘がある。
日本の漁獲量は昨年、約8万5000トンとおよそ半世紀ぶりの低水準に落ち込んだ。サンマ漁がピークを迎える秋でもスーパーの店頭などで品薄状態が続いた。
政府はサンマの資源管理を議論する国際会議で漁獲上限規制の導入を提案したが、中国などの反対で実現しなかった。

引用:時事ドットコムニュース(7月30日)

ううーむ、これは一体どっちなんでしょうか??

 

豊漁予測も、中国の乱獲が肝

記事の日付を見ると、日経新聞の方が新しく、水産庁の公式発表のようですので、

どうやら資源的には豊漁になる予定のようですね。

 

しかし去年もそうでしたが、中国などの乱獲問題が今年も出てきそうです。

日本近海に来る前に撮りつくされないことを、願ってやみません。

 







-HOTトレンドNEWS

Copyright© Trend Talk !! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。