Trend Talk !!

エンタメ業界で生きるゆきだるまが解説

スポンサーリンク

24時間テレビ【2018年】

【24時間テレビ】ヒロミの24時間リフォーム

投稿日:

 

24時間テレビが、まもなく放送になりますね。

メレンゲの気持ちでトライアスロンのスタートを切ったみやぞんですが、現在順調に進んでいるようです。

それにしても、今まではもっとショーアップされてたように思いますが、閑散とした中でのスタート。

何だか寂しかったです。

 

さて、もう一つの縦軸企画が「ヒロミの24時間リフォーム」です。

ここまで放送された予告から、大まかな内容をお伝えします。

 

ヒロミの24時間リフォーム~亡き妻の夢!子ども食堂を大改造~

ヒロミさんが今年も24時間リフォームに挑戦します。

もっと前から手を付けてるんだから24時間じゃないじゃん!というツッコミは置いておきましょう(笑)

 

さて、今回ヒロミさんが訪れたのは、山田和夫さんという人。

山田さんは、自宅を子ども食堂として開放している方なんです。

山田「子どもの貧困問題が新聞に出始めて、何か私も子どもについて出来ないかと」

ヒロミ「それで子どもにご飯を提供しようと思ったんですね」

 

以来、月2回、温かい手料理を1食100円で子供たちに提供してきた山田さん。

今では赤ちゃんからお年寄りまで訪れる地域の交流の場にもなりました。

 

そんな子どこ食堂で、ヒロミさん、あるものを見つけます。

ヒロミ「それは何ですか?」

山田「この巨大なやつは、パンを焼くオーブンです」

ヒロミ「(苦笑して)完全に首締めにきてるんだけど(笑)」

 

実はこのオーブン、山田さんの奥さん・和子さんが残したもの。

 

山田「10年前に亡くなったんです。実は池袋の路上生活者にパンを配っていたんです」

山田「妻がなくなる3週間前にこれを手渡されました。そして、あなたもパンを焼いてください。1週間に1回焼いて配って、とレシピを残していったんです」

 

そんな奥さんの想いを引き継ぎ、山田さんは今も子供たちのために温かい食事を提供しています。

 

ヒロミ「これは実際に今も使っているんですか?必要ってことですもんね?」

山田「ものすごく大事ですけど、場所がちょっと…」

 

料理中200度以上にもなるこの巨大オーブン。

そのため部屋はクーラーが効かず、みんな汗だくになってしまうんです。

築50年の建物にも、至る所にガタが…

 

ヒロミ「どこまでできるか分かりませんが、この子供たちが楽しく食べられる所を考えて頑張ってみます」

 

亡き妻の夢を引き継いだ築50年の子ども食堂。

24時間テレビ放送中に、ヒロミがステキな食堂へのリフォームに挑戦します!!

 

リフォームの方向性

というわけで、去年の銚子電鉄の駅舎に引き続き、子ども食堂のリフォームに挑戦することになったヒロミさん。

どんな方針になるのかはまだ明かされてませんが、きっとみんなの「ホーム」のような、「ホッとする」空間を目指すのではないでしょうか。

 

果たして、どんな食堂になるのか、目が離せませんね!!

 







-24時間テレビ【2018年】

Copyright© Trend Talk !! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。