Trend Talk !!

エンタメ業界で生きるゆきだるまが解説

スポンサーリンク

24時間テレビ【2018年】

【24時間テレビ名場面】羽鳥アナが生放送中に激怒!その理由は?

投稿日:

24時間テレビ、終わっちゃいましたね。

ゆきだるまは涙腺が崩壊したかのように泣きっぱなしでした。

 

人間って強いな、いいな、って思えました。

 

色々言われている24時間テレビですが、私はやる意味のある番組だと思います

 

さて、そんな中で珍しく羽鳥アナが激怒する様子が放送され、ネットがザワついています。

その詳細と理由をレポートします。

 

イモトと義足の少女の立山登山成功…その直後の場面

それは26日日曜の午後4時くらいでした。

先天性の病気で生まれつき右足が短い義足の少女・琴寧ちゃんが、3000mもの立山登山に挑む企画で、午後4時くらいに見事登頂成功。

冷たい風が吹き付ける中、琴寧ちゃんは今まで支えてくれたお母さんに、感謝の手紙を読みました。

今まで色々つらいことや乗り越えてきたことが思い出されたのでしょう。

それを聞いたお母さんも涙を流していました。

そして、その手紙を受けて琴寧ちゃんにお母さんが語りかけようとした時、画面が急に切り替わり、武道館に。

お母さんから娘への言葉が贈られる大事なシーンがカットされた形になってしまいました。

 

番組の進行上、時間が来てしまったのでしょう。

しかしこれに羽鳥さんが珍しく声を荒げて抗議したのです。

 

「いいんですか?お母さんがまだしゃべっています。お母さんがまだ喋っているのに画面を切り替えていいんですか?」

 

生放送中にも関わらず、おそらく目の前にいるであろうスタッフに必死に訴えます。

しかし咄嗟のことに対応が間に合わなかったのか、画面は切り替わって武道館の北入口に。

ひょっこりはんやガリットチュウ福島さんのゲスト迎えのコミカルな場面になってしまったのです。

あまりの落差に私も戸惑ってしまうほど…

そんな中、

「お母さんが喋っているのに切り替えるのはちょっと…」

 

とスタッフに訴えている音声が放送に乗っていて、憤りの大きさを感じました。

 

もともと羽鳥さんは温厚で、どんなに自分が理不尽に扱われても怒らない人です。

まあ会ったことはありませんが。

でも今までそんなシーンは一度たりとも見たことがありません。

 

その羽鳥さんがここまで言うとは、ちょっと驚きでした。

恐らくこの人は、誰よりも強く人の心を愛し、寄り添って生きている方なんでしょうね。

 

結局CM後、改めて立山山頂に画面が映りましたが、すでにお母さんの贈る言葉は終わった後。

「なぜまた中継が来たの?」というようなキョトンとしたイモトと琴寧ちゃんが映し出されているだけでした…。

 

 

羽鳥アナに賞賛の声が続々

そんな羽鳥アナの態度に、視聴者からは称賛の声が続々と上がってきています。

 

朝の情報番組「モーニングショー」で抜群の安定感を見せ、人気キャスターの地位を確立している羽鳥さん。

今回はその真摯な姿勢が充分に表れた場面だったと言えますね。

 

琴寧ちゃんもあとで見返して、きっと納得してくれることでしょう。

 

 







-24時間テレビ【2018年】

Copyright© Trend Talk !! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。